R-1ヨーグルト 『 自分で増やして免疫アップ』おいしく増やせるヨーグルトの作り方とは?

R-1ヨーグルト 『 自分で増やして免疫アップ』おいしく増やせるヨーグルトの作り方とは?

Happy Life

 

 

とうとうインフルエンザが流行スタートしました〜。

 

受験生を持つ母親としては、このニュースは聞き流すことはできません。

 

何か対策を考えなくちゃ。。。

 

 

 

だけど、免疫アップのための健康食品って毎日食べるとなると結構お高いですよね〜。

 

しかも家族全員分となると、×人数分なのでさらに家計を圧迫します。

 

 

 

免疫アップに有効だと言われているものの一つとして有名なのは、R-1ヨーグルト。

 

R-1ヨーグルトがなぜ免疫力アップに良いのか考えながら、家計応援のために自分で増やしてみましょう!

 

 

 

 

R-1ヨーグルトって何が良いの?

 

 

EPS(多糖体)を作り出す乳酸菌

 

 

R-1ヨーグルトの強み、それは1073R-1乳酸菌です。

 

発酵する際、EPS(多糖体)を作り出してくれる乳酸菌です。

 

単糖がつらなった高分子構造を有しているデンプンん・食物繊維なども多糖体の一種です。

 

ある種の多糖体には、生理機能効果があるといわれています。

 

 

 

免疫アップのメカニズム

 

 

1073R-1乳酸菌で発行したヨーグルトを食べると、免疫調整多糖体が腸管から取り込まれ、マクロファージや樹上細胞などの抗原提示細胞に認識されます。

 

 

 

マクロファージ

 

動物の組織内に分布する大形のアメーバ状細胞。生体内に侵入した最近などの異物を捕らえて細胞内で消化するとともに、それらの異物に抵抗するための免疫情報をリンパ球に伝える貪食細胞。

 

 

樹状細胞

 

体内に侵入した異物を見分け、その情報をほかの免疫細胞に伝えることで必要な免疫応答を誘導する細胞。

 

免疫調整多糖体は、樹状細胞やT細胞・NK細胞を活性化し、最終的にはウィルス特異的な抗体の産生を高めます。

 

 

T細胞

 

血液中を流れる白血球のうち、リンパ球と呼ばれる細胞の一種。体を異物から守る司令塔ともいうべき細胞集団。

 

 

NK細胞

 

ナチュラルキラー細胞、自然免疫の主要因子として働く細胞傷害性リンパ球の一種であり、特に腫瘍細胞やウィルス感染細胞の拒絶に重要な細胞。

 

 

 

 

これが1073R-1乳酸菌の免疫アップのメカニズムです。

 

さあ、R-1ヨーグルトがなぜ免疫力アップに有効なのかわかりましたね!

 

それでは、さっそくR-1ヨーグルトを増やしてみましょう。

 

R-1ヨーグルトを増やすのは簡単です

 

 

R-1ヨーグルトの増やし方

 

 

必要なもの

 

 

R-1ヨーグルト 112g??2個 (30分ほど冷蔵庫から出しておく)

 

牛乳1L (成分無調整)

 

1.5Lほどの容量がある容器

 

保温するためのもの(サーモス真空保温調理器があればベストですが、なければ発砲スチロールで代用したり、バスタオルでぐるぐる巻きにしてもOK)?

 

 

手順

 

 

@鍋で牛乳を45度〜50度ぐらいまで温めます。

 

あまり熱すぎると乳酸菌が死んでしまいます。

 

かといって、この後に入れるヨーグルトで温度がグンと下がってしまうので、ぬる過ぎもよくありません。

 

温度には十分注意してください。

 

 

 

AR-1ヨーグルト2個を温めた牛乳に入れ、優しく混ぜます。

 

ここでしっかりと混ぜておくことで、なめらかなヨーグルトに仕上がります。

 

 

 

Bできるだけ温度が下がらないよう、しっかり保温しながら発酵を待ちます。

 

発酵を待つ間は、動かさずにそっとしておきましょう。

 

 

 

Cその日の気温条件にもよりますが、大体朝仕込むと夕方には十分発酵しています。

 

発酵が不十分だった場合は、様子を見ながら時間を調整してください。

 

 

 

 

家族みんなで毎日R-1ヨーグルトを食べて、健康的に過ごしましょう!

 

 

R-1ヨーグルトを種菌にして増やしたヨーグルトは、ほかのパックヨーグルトで増やしたものよりも、酸味が少なくなめらかでおいしいです。

 

家族全員分のR-1ヨーグルトを毎日買うのは経済的にも大変ですよね。

 

でも、牛乳で簡単に何倍にも増やせれば、とっても家計に優しいし、思いっきり食べられますよ。

 

毎日の健康維持のために、是非お試しください!?



ホーム RSS購読 サイトマップ